引越しの仮住まい

引越しの仮住まい

引越しの仮住まい

持ち家をリフォームしたり、建て替えたりする時はその期間の間、どこか別のとこに住まなければいけません。工事中の我が家に住むなんて事絶対出来ないですもんね。本宅の他に生活できる別宅があるなんて人は別ですけど。ここでは、仮住まいへの引越しをする際のポイントを教えちゃいます。

 

point仮住まいへの引越しは通常の引越しとは違い、新築の建物へ荷物を戻す戻り便の事を考えなければいけません。その為、仮住まいへ引越す段階から荷物の量や家具の種類などをきちんと把握してくれる、きちんとした人をチームリーダにする必要があります。

 

pointまた、仮住まいの期間などによっても使う食器などが変わってくるし、開封する段ボールが少なく済めば戻り便の時に楽に引越しできます。
仮住まい期間が短ければ、一部屋を荷物置き場としてそこに使わない荷物を開封せずに置いておくという事も選択肢の一つですし、逆に仮住まいが長期間になる場合には、倉庫などを借りて季節の品物を保管するのも一つの手です。

 

いずれにしても、仮住まいへの引越しは通常の引越しとは異なるので、これらのことを詳しく率先して教えてくれる引越し業者さんがおススメです。
ここはプロの手を借りるのが一番です。そこでおすすめなのが、こちらのサイト。

 

引っ越しで、家財・荷物の一時預かり | http://www.xn--u8jxa8mz64p9s9b4gn.com/

 

仮住まいへの往復引っ越しと、荷物一時保管がセットになったお得なプランというだけでなく、引越し業者に全部まとめてお願いできるのがいいですね。倉庫を自分で探してきて、引越し業者を手配して、その上、リフォーム業者と打ち合わせをして。これでは骨が折れますので、この方法で格安&便利に依頼しましょう!

クロネコヤマト建替パック

仮住まいへの引越しは戻り便の事も考えるとプロに頼むのが一番です。とは言うものの、プロの引越し業者はいっぱいあるので、さあ一体どこに頼みましょう。と思った人は、「建替引越しパック」があるクロネコヤマトに依頼してみましょう。

 

建替引越しパックは、その名の通り住まいの建替えを完全サポート。仮住まいへの家財道具の搬出、建替え後の新居への引越しと2度にわたる引越しをしてくれるんです。
しかも、仮住まいに入らない家財道具を5ケ月まで料金変わらずで預かってくれます。ただし、毛皮製品、美術・工芸品、ピアノ、現金、貴金属等預かってもらえない物もあるので、注意が必要です。
しかも、逆に新居へ入居した時に、もし不要な家具があったら引き取ってくれるというサービス付き!ありますよね〜、これも新居に持っていこうと思って取って置いたけど、やっぱりいざとなったら要らないな〜て思うもの。引越しのバタバタにこういうサービスはありがたいですよね。

 

料金の算出方法も、旧居の総家財量と旧居から仮住まいまでの輸送距離で決まるので、分かりやすくて安心です。
宅急便でお馴染のクロネコヤマトですが、建替する際の仮住まいへの引越しにはとても融通がききそうで便利ですね